携帯電話依存症

現代病の一種とも言える携帯電話依存症。

常に携帯電話を使用していないと、誰かと繋がっていなければ精神的に安心できない状態になってしまう人のことを指します。

具体的な症状としては、一日中メールやインターネットを使い続けている人、手が空いたら携帯を触っている人、ゲームをやめられない人といったものです。

依存症になってしまうと、多くの場合は電話で話をするよりもメールでコミュニケーションを取る事が中心となるみたいです。

近年、携帯もパソコンと同様に性能が向上したのでより多くの人が携帯を使って情報のやりとりをしますよね。

携帯の利用料金が左右されるパケットといった情報量が多く扱える使い放題のコースにするのが当たり前となっています。

それでも使い過ぎることがあれば月に数万円の請求が来るために、親から携帯を取り上げられてしまう人もいます。

そうなった場合、依存症の人は手元に携帯がないことで精神的に不安になってしまい、場合によってはパニックになってしまいます。

今流行りのスマートフォンやiPhoneが故障してしまって修理に出している時も同様です。

iPhoneが故障してiPhone修理に出している時、手元に携帯がないといった理由で普段通りの生活が困難になるのです。

携帯は持ち歩くけれども、必要なとき以外は使うことがないのであれば依存症の心配はありませんが、数分ごとにメールが届いているかを確認する様な人、常に携帯でゲームをしている人は少しずつで良いので、携帯を触る時間を少なくして、自分が落ち着いていられるかを確認してみると良いかも知れませんね。

依存症の人は不安やパニックといった部分も問題です。

電車内などや携帯電話の使用が禁止されている場所でも無関係に使ってしまう人がいます。

マナー違反といった社会に反する問題も生じます。

依存しているだけで迷惑はかけていないと思う人もいるかも知れません。

自分自身ではそのつもりが無くても、結果的に迷惑と菅実人が多いのであれば改善する必要があります。

携帯電話が普及したことにより、さらに依存症の人は増加していると思います。

マナー違反以外にも、目の前にいる人とのコミュニケーションよりも、携帯電話でやりとりを優先する事も問題です。

特に若年層に多く見られる携帯電話依存症ですが、この様な現象が起こる事で

若者の中で次々と文化生活の秩序が壊れていっている事も大きな問題として考えられます。

無料通話や、無料でメールができるアプリなどが登場して便利になったのですが、その反面依存症の人が増加している。

これは大きな問題ではないでしょうか。