スマートフォン普及率

IT調査系会社のアメリカの企業がこんなことを発表していました。

世界のスマートフォン2012年の出荷台数が2011年と比べても4%増の合計で7億1700万台になると言っていました。

もう桁が凄すぎてよくわからないのですが、世界的に見ても爆発的に普及していてますね。

日本の携帯は海外の携帯電話を違い特殊な物が多いのですが、世界でも携帯の需要がスマートフォンの普及と共に高まっていますね。

しかし、携帯電話全体の成長率は2011年と比べても1.4%増と低調になると言われていました。

過去3年間で最も低い成長率らしく、2012年の出荷台数は世界で17億台に達するそうです。

第4期半のスマートフォン出荷台数について2011年と比べて93.5%増の2億2450万台。

と言われています。

iPhone5ギャラクシーS3が市場を牽引し、中国などでも低価格のスマートフォンの販売が好調だったためと言われています。

いずれにせよスマートフォンの人気は世界的にもかなりあると思います。

iPhoneが出たときにあそこまでの行列が出来るんですからね。

iPhoneがあそこまで人気のある理由はなんなのか。

すっかり地位を確立したiPhone。

様々なスマートフォンが出現している中で、やはり安定した人気を誇るのがiPhoneではないでしょうか。

元々は関心のかなった人々も次々にスマートフォンに変えていますが、その中でもやはりiPhoneの人気は別格な気がします。

iPhoneが人気の理由として考えられるのは、やはり使い勝手の良さだと思います。

色々なスマートフォンユーザーの声を聞いても、いかにiPhoneが便利な物なのかがわかります。

他のキャリアのスマートフォンでも似た様な機能があります。

しかしながら、使い勝手の良さは群を抜いてiPhoneが良いのではないでしょうか。

iPhoneはそこまで深く考えずに興味本位でスマートフォンに買い換えたなどといった人でも慣れるまでにそこまで時間は必要としないのではないでしょうか。

他のキャリアのスマートフォンだとカスタマイズが自由にできる等といったメリットがありますが、機械が苦手な人にとっては使いこなすのが少し難しいかもしれませんね。

使いやすさを考えるのならば、iPhoneが無難かもしれませんね。

そして携帯電話を使うにあたって最もきになる部分が毎月の利用料金ではないでしょうか。

毎月の事ですので、少しでも安く済ませたいと考える人が多いはずです。

そういった部分から見ても、iPhoneは比較定期安い値段で使えるのではないでしょうか。

もちろん利用状況や機種によっても値段は変動するので、iPhoneが一番安いとは言い切ることは出来ません。