スマートフォンの時代

ガラパゴス携帯という言葉すらなんだろうと最近まで思っていました。

今では略して「ガラケー」とも言います。では、何故ガラパゴス携帯と言う名前なのでしょうか。

ガラパゴス諸島にはイグアナ等が住んでいます。しかし、付近の海流等の影響もあり大陸とは余り自由に行き気が出来ないのです。

また、島と島も同じです。

これによりガラパゴス諸島では同じ種でも島ごとに独自に進化を遂げており、別種となってしまっているのだそうです。

これがガラパゴスの話。

ではなぜ、そう言われているかと言う事です。

日本の携帯電は外国と比べてかなり発達しています。一人当たりに持つ台数も相当なものです。

,こんなに日本の携帯電話が普及しているのに対して日本の携帯電話は世界的なものとはまた違うのです。

日本の携帯電話は独自に進化して発展したのです。

日本の携帯電話は優れていても外国では通用しないと言う事になります。

このことからガラパゴスと日本の携帯をかぶせてガラパゴス携帯と呼んでいるのです。

今、主流になっているiphoneはガラパゴス携帯ではありません。

iphoneは輸入されてきた外国の携帯だからなのです。

ガラパゴスとかぶせるのは携帯だけではありません。ガラパゴス化と言って多くの事に例えられています。

特に世界基準では無いものに多く使われる為、「非接触式ICカード」「地上デジタル放送」等もその一つとされています。

世界基準では無い物をガラパゴス化と言うのをはじめて知りました。

しかし、日本の技術が「ガラパゴス化」と呼ばれているのは少し残念気持ちになりますね。

日本の技術がまだまだ世界基準では無いと言う事になります。

それは少し残念なことでしょう。

日本でiphoneが普及しはじめてかなり経ちますが、最初はとても使いにくかった事をよく覚えています。

説明書もなにも無い状態で渡されたので日本とは違い自分で調べなきゃいけないのだと言う事でした。

日本は、ちゃんと詳しく説明書が付いています。パソコンが使えない人に取ったらiphoneなんてどうしていいかわからないと思います。

私がそうでした。今では、iphoneのアクセサリーやケース等のあらゆる小物が登場しました。そして、最初はアップルでしか修理できなかったiphoneも今ではiphone 修理のお店もどんどん登場しています。

値段もかなり格安なのでとても便利になりました。出来る事なら綺麗に使うのがベストですが、もし壊れた場合はiphoneを修理してくれるので助かりますね。